スプリングウッドカンパニー

ガラスコーティング カー用品販売 ホイール 洗車 ウォータースポット|スプリングウッドカンパニー

 

店舗販売

店舗紹介

トップページ»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1

白い輪ジミ石化した水滴の跡…イオンデポジットとも呼ばれる

白い輪ジミ石化した水滴の跡…イオンデポジットとも呼ばれる。 頑固なガラスの汚れも簡単除去できます。


気温の高い時、ちょっと気を抜くと出来てしまうのが輪ジミです。
洗車の後拭かなかったり、日が当たった状態の洗車中に乾いてしまった時に出来やすいです、イオンデポジットとも呼びます。

原因
輪郭の白い輪ジミは洗車などで車を濡らし、そのまま乾かしてしまった場合に出来るものがほとんどです。

雨水が原因になることはほとんど無いので、雨染みとは少し違います。

水道水や井戸水に含まれる、カルシウム・鉄分などのミネラルやカルキ(水道)等水分が蒸発する時に塗装面やガラス面に附着してしまったガラスの汚れです。

ガラス系のコーティングは表面の特性がガラスや鏡と非常に近いため、ガラスにも付着する石化輪ジミは付いてしまいます。
どんな種類のコーティング剤でも付いてしまう様です。

この状態を放置しておくと、水滴がいつも同じ所に出来るクセがついてしまいます。
そうなると今度は雨水がそこに溜まりやすくなり、酸性雨による塗装の侵食が始まりやがて塗装が陥没したウォータースポットに進行し、修復不可能な状態に至る事になります。


ならないようにするための対策


炎天下での洗車は避けること、洗車をした時は乾かない内によく拭く事が何よりの対策です。

出来たての物はまだ完全に石化しておらず、単にカルシウムの乾いたものですから、もう1回洗いなおすか、水拭きかで比較的簡単に除去できます。

水道水・井戸水でも地域により水質が違い輪ジミが出来やすかったり、出来にくかったりします。
硬質の水より軟質の水のほうが出来にくい。
純水を使った洗車などでは拭き取らなくてもシミは出来ません。
ガソリンスタンドなどでは「イオン洗車」など輪ジミの出来にくい装置を取り付けた所も有ります。

洗車する水質に気をつける事が一番の対策です。


その他考えられる原因

ガソリンスタンド等での機械洗車後ふき取らない。
拭くだけで綺麗になるなどの「拭くだけ洗車布」等の使用。
シリコン系撥水剤
ボディーの熱い状態での洗車
等々

 


しばらく経ってしまい石化してしまった物は、超微粒子の研磨剤等で軽くこすれば除去できます。

パワーGFコートは表面の特性がガラスや鏡と非常に近いため、ガラスにも付着する石化輪ジミはくっ付いてしまいます。ただし酸性雨に対しては非常に強いため、二次災害の陥没ウォータースポットへの進展は、(絶対とは言いませんが)ほとんど心配無用です。
慌てず騒がずただ落とせばそれで元通りです。
普通に研磨剤入りのクリーナーで落としても良いし、もししばらく我慢できるならばその後何回か洗っているうちに少しずつすり減って消えていきます。←ただしその後洗うたびに新たな輪ジミを発生させていたんではいつまでたっても無くなりません。

*研磨剤を使用すると膜厚が少し減りますから、パワーGFコートをもう1回薄めに塗って万全を期すことをお勧めします。

2015-11-09 11:43:59

2015年花粉のシーズン到来

2015年花粉のシーズン到来
花粉症の身にとってはつらい時期がやってきました。
つらいのは人間だけではなく、車にもつらい時期なのご存知でしたか?

花粉は植物の雄の生殖細胞です。
風で飛んでいく物や虫が運んでいく物などが有ります。
形状はさまざまで、大きさはおおよそ0.01~0.1ミリメートル以下です。
スギ花粉はおよそ25~35マイクロメートルくらいのサイズで、風に運ばれ10Kmときには300Km以上飛散する事もあるようです。

さて、花粉には糖質(炭水化物)たんぱく質、さまざまなビタミン類が含まれています。
カプセル状の花粉が水分を含むと(1~3月頃は結露などから水分を取り込む)、膨張してカプセルが破けて中身が出てきます。
湿った中身が乾燥する時に、収縮し塗装に変形を及ぼします。
そのままで放置しない限り影響は穏やかですが、乾燥していても紫外線によって酸化してその酸で塗装を侵食して、塗装面の陥没によるウォータースポット等が発生します。

花粉対策には・・・・・・
塗装面に付着した花粉はカプセル状のままなら、通常の洗車で容易に落とせますが、破けて中身が不着した物はタオルなどで覆い80℃程度のお湯をかけて2分くらい放置して、花粉を溶かしながら拭き取る事で軽度の花粉痕は除去出来るでしょう。
当店で取り扱いの「虫取りクリーナー」をスプレーし花粉に含まれるたんぱく質を柔らかくしながら、お湯を使う方法なら、なお効果が上がるでしょう。

花粉のシーズンは出来るだけこまめに洗車する事が一番の予防になります。

2015-02-22 12:35:54

コメント(0)

これからの季節気になる黄砂について

黄砂とはそのものズバリ「砂」です。
中国のゴビ砂漠などの砂漠や、黄土地帯で偏西風によって巻き上げられた砂塵が、風に運ばれて日本まで飛来して来る現象です。
気象の影響で3~5月の春時期に多く見られます。
飛散量の多い時などは空が黄色っぽくかすんだように見える事も有るようです。

黄砂は粒子が小さく、約0.5㎛~5㎛ほどで4㎛ほどがピークになります。
成分は色々ですが、特徴として硫酸カルシウム、硫酸アンモニウム等のほかに、炭酸カルシウムを10%以上も含んでいて、アルカリ性をで有るのが特徴です。

黄砂は飛散していく途中で大気中の様々な粒子を吸着し、化学反応を起こしていて様々な組成を示しています。
発生源や、ルートによっても異なりそれぞれに特徴を持っています。

車に与える影響については、降雨などによって、車両に着いている黄砂に含まれる成分が溶け出しアルカリ性の成分が塗装面上に残留してしまいます。
しかし、アルカリ成分自体はpH8程度が一般的で塗装面にすぐ影響を与えるほどでは有りません。

それよりも、黄砂に多く含まれるミネラル分がイオンデポジットの原因となるカルシウムやマグネシウムイオンが主体の為、降雨や夜露等の水分で簡単にイオンデポジットが発生していまいます。
日常の洗車等でも起きる現象ですが、水道水や井戸水よりも原因となるカルシウムやマグネシウムイオンが多く含まれているので、発生し易いようです。

黄砂への対処法としては、出来るだけ早く洗車をする事。
その時にアルカリ性を中和する作用の有る「弱酸性カーシャンプー」を使用する事でイオンデポジットの発生を抑える事が期待できます。
黄砂は砂です。
洗車時は塗装面に傷を付けないように十分気をつけて作業しましょう。
洗車用弱酸性シャンプー

2015-02-22 11:25:47

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1