スプリングウッドカンパニー

ガラスコーティング カー用品販売 ホイール 洗車 ウォータースポット|スプリングウッドカンパニー

 

店舗販売





店舗紹介

トップページ»  コンテンツ»  GFコート施工後のQ&A

GFコート施工後のQ&A

パワーGFコートを施した塗布面の取り扱い、およびにパワーGFコートをより美しく保つためのテクニックをFAQ方式でご紹介します。

施工後について
Q作業終了後(30分以内)に水(雨など)に濡れてしまった
A水が掛かるとパワーGFコートの被膜効果が期待できません。塗装面を乾燥してから再度、パワーGFコート加工をおこなってください。

QパワーGFコート被膜を除去する方法は?
A物理的(バフ)な力を加え、研磨剤などを用いた研磨除去をおこなってください。

Q「漆塗り効果」とはどういうものか?
A全面反射の輝きを指します。パワーGFコートは漆のように重ね塗りができ、重ねるごとに一層の鏡面光沢効果と硬質効果が得られます。

Q輝きが塗装初期と比べて薄れてきた
A光沢の度合いはオーナーの目視感覚で異なりますが、経時とともに失われることは否定できません。数カ月に1度のメンテナンス(コロピカLL等の使用)をおすすめします。

QパワーGFコート被膜は傷にも強いのか?
AパワーGFコートの被膜硬度はモース5.0~6.0(鉛筆硬度9H)です。パワーGFコートを施さない場合に比べて傷はつきにくくなりますが、限界値(被膜硬度)を超えると傷がつきます。

Q洗車機で洗車してもいいのか?
A洗車機の使用は大丈夫です。ブラシ・布洗車どちらにおいても、パワーGFコートしていない場合に比べて傷が激減します。もちろん、ブラシ洗車よりも布洗車の方がよいのはいうまでもありません。

汚れについて
Q汚れはどの程度つきにくいのか?
A水垢汚れの原因の多くはコート剤の酸化です。パワーGFコート加工が正しく施工されていれば、基本的に汚れはつきません。

QパワーGFコート加工でミクロ浮遊粒子(SPM)汚れがつかなくなる?
Aまったくつかないわけではありませんが、ついても塗装を汚す(塗装を酸化させる)ことがありません。こまめに洗車機で洗うか、数カ月に1度の専用洗浄剤(洗車職人・ピカウォッシュ等)の洗車で簡単に洗い流せます。

Qメンテナンスの時期、間隔が知りたい
A日ごろの水洗いだけでは、落ちない汚れが蓄積されます。理想的なメンテナンスは3~4カ月ですが、6カ月に1度は専用洗浄剤(洗車職人・ピカウォッシュ等)でメンテナンスしてください。

QパワーGFコート加工でホコリや泥が雨で落ちるようになる?
Aホコリや泥は酸化物質です。パワーGFコート被膜上に酸化物質が載っているにすぎないので、ある程度の雨量があれば、洗い流されキレイになります。

Q雨でホコリが落ちず、水の膜ができた。パワーGFコートが取れたのが原因?
A正しくコーティングされていれば被膜は残っています。これは酸化物質の疑似共鳴により、塗装表面の平滑性が失われて起きる現象です。酸化物質により水が表面張力を失い、一面に水膜を形成してしまうのです。
※ 酸化物質の疑似共鳴:酸化物質(塗料と酸化物質)同士が互いに粘着し合うこと。塗料を溶かす原因になります

Q洗車を頻繁にしているが、雨滴が大きく水はけが悪い
AパワーGFコートの失敗ではありません。大気中の汚染物質の作用によって、被膜表面の平滑性を損なっていると考えられます。
洗車後の拭き取りの際、乾いた柔らかい布で乾拭きし、平滑性をよみがえらせてください。

Q表面の平滑性(滑らかさ)を損なった被膜の対処方法は?
A水洗いをして残存水滴を拭き取った後、乾いた柔らかな布で乾拭きをして被膜表面の平滑性と光沢をよみがえらせてください。雨滴が小さくなり、水はけが向上して雨でホコリが流れ落ちるようになります。
一度の洗車、乾拭きで平滑性は戻りますが、充分でないときは作業を繰り返してください。

Qポリマーコートをかけて数カ月経過した塗装面にグラスコートをかけたら、光沢面に斑模様ができた
AパワーGFコートを手順どおりにご使用いただいたうえでの斑模様であれば、パワーGFコート加工前からあった模様と考えられます。
下地処理をせずにパワーGFコート加工すると、ポリマーコートの酸化膜がこのようないたずらを起こすこともあります。

Qウォータースポット現象は起こらないか?
Aガラス繊維素など、数種類のポリマー重合による硬質被膜により、ウォータースポット現象はほとんど起きません。

Qウォータースポット現象はどのようなときに発生するのか?
Aウォータースポットの主な原因は、酸度の高い酸性雨です。雨粒(水滴)が乾燥によって酸性濃度が強酸域に達し、日光などの熱で長時間焼きつけられ、化学反応で石化現象を起こします。

Qグラスコート被膜上で石化現象が起きたときの処置方法は?
AパワーGFコート被膜上では、石化しても酸化共鳴して塗料を溶かすことがありません。充分な水分を含んでいるときに2~3回洗車をすれば取り除けます。お急ぎの場合は、水で濡らしたタオルを載せて石化物を湿らせ、接着状態を解いて洗い落としてください。
※ 石化現象:糞に汚れやホコリが付着して石のように硬くなること

Q鳥糞のシミはつかないのか?
A鳥の糞は種類や季節によって成分が変わり、そこに熱が加わるとシミになる場合もあります。糞はついたらすぐに拭き取ることが賢明です。

花粉によるウォータースポットについて

QパワーGFコート加工後、春になって急にウォータースポットがつき出した
A施工が悪いのではありません。これはウォータースポットではなく、花粉のイタズラです。花粉のヤニが雨で溶け出し、輪状に固まったもの(輪状痕)です。

Q花粉が作る輪状痕の対処方法は?
A花粉が充分水分を吸い込んでいる雨上がりに2~3回洗車(洗車機)してください。

Q輪状痕を急いで取る方法は?
A厚手の大きめのタオルを水で濡らし、花粉の輪状痕の上に置いて花粉に水分を充分吸い込ませ、柔らかくしてから水洗いをしてください。

QパワーGFコート用スポンジの保管方法が知りたい
A使用後のスポンジは、コーティング剤が残らないように水で洗い流し、乾燥後にビニール袋などに保管してください。スポンジの洗浄に洗剤を使用しないでください。

Q乾燥したスポンジを使用しなければならないのか?
A洗って乾いたスポンジを使用してください。
たとえば、使用後そのままのスポンジを用いると、前回使用したときにスポンジに染み込んだコーティング剤の影響で成分バランスが崩れ、軟弱な被膜が形成される可能性があります