スプリングウッドカンパニー

ガラスコーティング カー用品販売 ホイール 洗車 ウォータースポット|スプリングウッドカンパニー

 

店舗販売

店舗紹介

トップページ»  コンテンツ»  ホイールメンテ

ホイールメンテ

アルミホイールの種類別クリーニング適応表

  スタンダード塗装 ハイパー塗装 スパッタリング塗装 ポリッシュ クロームメッキ アルマイト
中性シャンプー
アルカリ性クリーナー
鉄粉除去剤
酸性クリーナー × × ×
ホイールコーティング剤

アルミホイールのクリーニング
クリーニングの際ポイントとなるのは仕上にクリアコートがされているかどうかです。
通常の塗装タイプはまずクリアコートされていますが、クロームメッキやアルマイトは金属素地がそのままトップになっている事が多い為、クリーニングには注意が必要です。

お客様のホイールはどのタイプのホイールでしょうか?

スタンダード塗装タイプ

スタンダード塗装タイプ

最も一般的なタイプでボディーの塗装同様の工程で耐熱メタリック塗装され、クリアコートされた仕上げになっています。
塗料調合により様々なカラーが簡易に塗り分けができ、比較的安価に仕上げられます。また擦り傷や小傷が目立ちにくい事などもあり、自動車メーカー純正ホイールのほとんどや、冬季用の安価海外ホイールなどのほとんどは、塗装カラーを用いている傾向が強くあります。
メンテナンス性
耐薬品性に優れ、アルカリ性・酸性問わず各種ケミカル剤の使用が可能でメンテナンスは一番楽なタイプです。

スパッタリング塗装タイプ

スパッタリング塗装タイプ

スパッタリングは真空中で光る被膜を化学反応により付着させるメッキ処理の一つです。
一般的にはシルバーの鏡面ですが、カラーの付いたタイプも存在します。
クロームメッキに比較すると安価に高級感が出せる為、近年多用されています。
メンテナンス性
トップコートにクリアコートされている場合は塗装ホイールと同様の対応が可能ですが、スパッタリング塗装自体は非常にデリケートな為、酸性のケミカル剤は基本的にはNGです。

ハイパー塗装

ハイパー塗装

高級輸入車や高級ブランドのホイールに使用されている塗装で下塗りにソリッドカラーの塗装後、ハイパー塗装と言われる特殊な透過性の有るメタリックを塗装し、その上にクリアコートをしたタイプで、光の当たり方により色艶が変化し、光沢感のある高級な仕上がりを実現しています。
メンテナンス性
スタンダードな塗装タイプと同様各種ケミカルに対応する為メンテナンスは容易です。

ポリッシュタイプ

ポリッシュタイプ

ダイヤモンドカットと言われる表面の切削工程の後、アルミ素地の表面にクリア塗装する事により、アルミ素地の持つ光沢をそのまま表面化させる仕上のタイプです。
塗装やクロームメッキとは異なる独自の高級感のある、近年非常に人気のあるタイプです。
メンテナンス性
スタンダード塗装タイプと同様の扱いですが、飛び石等でクリア塗装が剥がれるとその部分から白錆(アルミ独自の酸化現象)が発生しその部分が目だってしまう傾向が有ります。クリアがダメージを受けている場合ケミカル剤の使用はNGです。

クロームメッキタイプ

クロームメッキタイプ

アルミ素地の表面を電気クロームメッキ処理する事により、薄い鏡調の塗膜を施すタイプです。
見た目は鏡面で高級感が最も有り、他のホイール加工に比べると非常に高価なカラーです。
ベースとなる素材とは別の金属を上に乗せ、ベースの素材の弱点をカバーでき、表面は非常に強固な膜が出来ますが、一度層に傷が付くと簡単に剥がれてしまうので、耐傷性には弱い点が有ります。
メンテナンス性
メッキの性質上酸・アルカリ・塩分等ケミカル剤の付着で簡単にメッキが変色してしまうので、こまめな水洗いが最適です。
ピンホールや飛び石等のダメージがある場合その部分のベースのアルミが錆てメッキが剥離してしまう為ケミカル剤の使用はNGです。、

アルマイトタイプ

アルマイトタイプ

現在市場に出回っている「組立」ホイールのリムの大半に、この「アルマイト処理リム」が使用されています。見た目は「メッキリム」が隣に並ばないと判らないほどの光輝度があり、何かを写してみてもメッキと損色ないほどのキレイな見た目になります。メッキとの見極めとしては、現状では製品の価格で判断するほか無いほどの状況です。
アルマイトはアルミ素地が透けて見える着色処理されている仕上がりで、アルミ自体の表面を反応させて酸化被膜を作り上げます。
その為、錆などの腐食に強く外観の経年劣化や耐擦り傷性に優れています。
メンテナンス性
クロームメッキ同様デリケートな対応が必要です。
価格によっては粗悪な物もあり、アルカリ性クリーナーを使用しただけでクスミや色抜けをしてしまう場合もあります。