スプリングウッドカンパニー

ガラスコーティング カー用品販売 ホイール 洗車 ウォータースポット|スプリングウッドカンパニー

 

店舗販売

店舗紹介

トップページ»  コンテンツ»  各製品の使い方
各製品の使い方

各製品をどのように使うか分かりやすく書いたつもりです。

この使い方が全てではありません、艶の無くなった車にそのまま「ピンクダイヤモンド」や「ゴールドラベル」を塗ってもビックリするくらい艶は出ます、下記の使い方は出来るだけコーティング剤の性能を100%引き出すための工程を書いていますので必ずこの工程が必要な訳ではありません。

各製品の使い方&使用順
使用する順番に説明しています。
新車の方でも油脂系のコーティングやワックスなど掛かっている場合は
シリコンオフからのご使用をお勧めします。

鉄粉除去剤

鉄粉除去剤

洗車後も塗装面がザラザラする鉄粉が付いている時使用します。
砂・泥汚れをざっと洗い流し、濡れたままのボディーにスプレーします。
鉄粉が付いている所が紫色に変色しますので2~3分くらいそのままにしておき、洗車タオルやスポンジを併用して流水で洗い流します。

2~3回繰り返しても取り除けない物はケミカル剤の能力想定外ですので、クリーン粘土をご使用下さい。

クリーン粘土

クリーン粘土

鉄粉・樹液・ペイントミストなど塗装面の付着物の除去に使用します。

軽く洗車をしてキズの原因となる砂・ホコリを除去して下さい。
左手にスプレー(水)、右手に粘土という態勢で、粘土が良くすべるように水を補給しながら作業面に適度な押し当て力で粘土をすべらせます。

(環境が許す人はホースで水をかけながらやるとベストです)

研磨剤クイック

研磨剤クイック

塗装面のすり傷や洗車キズの除去に使用します。

手磨き用スポンジに適量の液剤を付け、手の平で均一な力を掛け縦横に磨いていきます。

もっと傷を消したい人はこの後鏡面仕上げ剤で磨きましょう!

鏡面仕上げ剤

鏡面仕上げ剤

塗装面のすり傷や洗車キズの除去に使用します。
ライトの下で見えるくもの巣状のヘアラインや、ポリッシャー仕上げの最後のバフ目消しに使用します。

手磨き用スポンジに適量の液剤を付け、手の平で均一な力を掛け縦横に磨いていきます。

傷埋め効果が有ります。

シリコンオフ

シリコンオフ

すでに油脂系のコーティング剤やワックスが施工してある車の脱脂洗浄にはシリコンオフを使用します。

研磨剤・コンパウンド・水垢落し等を使用した後にも脱脂は必要です。
油脂系のコーティング剤やワックスが施工してない場合は洗車職人だけでも十分です。

洗車職人

洗車職人

コーティングの下処理用洗浄剤


傷消し・鉄粉除去等の必用が無い新車などは、洗車職人で脱脂洗浄してからコーティングする事をお勧めします。

新車から少し日数が経過して傷は気にならないが、汚れが気になるなら、汚れ落ちの良い洗車職人で洗車をお勧めします。

研磨剤・コンパウンド・水垢落し等を使用した後にも必要です。

コロピカLL

コロピカLL

濡れたままで使える簡易型コーティング剤

濃色車などでもっと艶がほしい欲張りな方は、コーティングの下地にコロピカLLを塗っておくと艶が倍増します。

また、パワーGFコート施工後のメンテナンス剤として使用します。

ピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンド

ベースになるコーティング剤

被膜が厚く長期持続型、パワーGFコートの最高レベル品、濃色・淡色問わずご使用できます。

この後にゴールドラベルを施工すると艶・持続性・被膜硬度いずれも最高レベルに達します。

ゴールドラベル

ゴールドラベル

重ね塗りのトップコート剤

膜厚・持続性はピンクダイヤモンドに劣りますが、被膜硬度・光沢はこちらの方が上!もちろんこちらだけでも問題ありません。
まめにコーティングするなら下地にピンクダイヤモンドを施工しておいてゴールドラベルでメンテナンスがお勧めです。

施工後のメンテナンス用品
どの商品でもコーティングの持続性はUPします。

GF被膜

GF被膜

塗れば塗るほどGF被膜は育ち強靭になります
コーティングはしたものの何か塗っていないと落ち着かない方に!

何か塗るならグローアップ、グラスコーティングの重ね塗りをおこなって、保護被膜をより強力なものにするという楽しみを新しい趣味に加えてみてはいかがでしょう。

洗車職人

洗車職人

一番お手軽なメンテナンス商品。
別売のシャンプーとリンスの一緒になったリンスインシャンプー。

汚れ落ちも良く、被膜の補修にもなる。

ピカウォシュのエコノミー版

ピカウォッシュ

ピカウォッシュ

洗車職人の濃ーい物
洗浄効果のみならず艶出し効果は抜群です。

すばらしい汚れ落ちとともに防汚性の高いフッ素のミクロ被膜を形成します。
この結果、塗装表面は化学的に改質され汚れの付きにくい平滑面になります。

コロピカLL

コロピカLL

簡易型コーティング剤。
洗車した後の濡れたままのボディーに使える
洗浄効果は無いので綺麗に洗った後に使用して下さい。
パワーGFコーティングのメンテナンスに使用するとコーティング剤を補修する働きがあるので、コーティングが驚くほど長持ちします。
乾いたクロスで拭きあげると艶と撥水が長期間持続します。

また、コーティングの下処理に使用するとより一層の光沢が得られます。

おちゃのこシャンプー

おちゃのこシャンプー

地球環境に優しい少泡タイプで汚れ落ちと泡切れの良いシャンプー。
パワーGFコートを当店で施工されたお客様のメンテナンスキットに使用しています。

おちゃのこリンス

おちゃのこリンス

コロピカLLの安価版・酸化しないイージーコーティング剤(GF被膜)としても人気です!!。
プロショップのサービス品としてはこっちが主流

軽い汚れの時にシャンプー代わりに使って簡単コーティング出来ます。

最初に出来るだけ、砂や、泥、チリ、ホコリなどを除去します。環境の許す限りたっぷり水を使いましょう。
「洗車職人を使う」
下洗いを終えた車の濡れた塗装面に引き続き『洗車職人』で下地処理を行います。
1、新車・下地研磨処理を終えた車・研磨をするほどでないが薄っすら汚れた車などに使用します。
2、使用前に良く振ってから、スポンジの併用でトランク1枚・ボンネット1枚というように部分部分に分けて車に付けて下さい。(スポンジで軽く塗り広げる感じ→汚れている場合は軽くこすって下さい)
3、乾かない内に水洗して液剤成分と分解した汚れを良く洗い流します。(乾かないうちに洗い流す…というのがポイントです。)
4、このような要領でパネル毎に分けて作業しながら全体を終わらせます。
パネル毎になで洗い(あまりゴシゴシではない感じ)しているのと同じですね。
5、全体に洗い終わったら水分は柔らかい乾布で丁寧に拭き上げます。
この作業は必ず塗装面が高温でないのを確かめた上で、日陰でやりましょう。

洗車後の状態が『パワーGFコーティング』で保存するための状態になるわけです。
もし今一つ綺麗さが足りない感じがする時は、もしかしたら酸化被膜が多すぎて、取りきれなかったということも考えられますので、もう1回繰り返してみましょう。