スプリングウッドカンパニー

ガラスコーティング カー用品販売 ホイール 洗車 ウォータースポット|スプリングウッドカンパニー

 

店舗販売

店舗紹介

トップページ»  コンテンツ»  コーティング剤の特徴
コーティング剤の特徴

コーティング剤の特徴

ガラス系コーティングは大きく分けて二種類有ります。
1液性や2液性で塗りながら乾拭きして薄い被膜を作るタイプで常温で硬化するもの、塗装のクリアーを吹くようにエアガンで吹き付ける物など、これらに共通するのはサンプルとして、硬化したものを見せてくれる事です。

これらのようなガラス系コーティングは樹脂硬化型と呼ばれるもので、アーク○リア21・バリア○スタ・○-ZOX・アル○ァー21・セラ○ャイン・等早い話塗装と同じ分野と言えます。

被膜は主成分を混入させたペンキ・レジン等の樹脂被膜です。一般的に樹脂硬化型コーティング剤と呼ばれ、硬化剤を加えて使用するものもあります。

布で拭くと布がガペガペになったりします、たらしておくとそのまま固まり拭けなくなるのはこのタイプです。
脱脂が完璧じゃないとちゃんとくっ付かない場合があったり、いくつかの弊害の可能性を考慮する必要も考えられます。
(注意書きに「施工後の手入れはガラス製品を扱うように優しく手入れしてください」とか「白濁や剥がれ等があった場合施工店にご相談下さい。」とかが有ります。)

これらの製品は一般の人が施工するのは難しいですね、濃色車などはムラになりやすく、もしムラになったら研磨したり専用の除去剤などを使用しないと綺麗になりません。

一度施工したら研磨除去しないと被膜は無くならず被膜に傷や曇り等が発生したら被膜の表面を磨くか除去して新しく施工しなくてはなりません。
再施工する時は一度剥離しなくてはなりません。

パワーGFコーティングは。

パワーGFコーティングはガラス系では無くガラスの被膜です。
ガラス系の樹脂が出来るのではなく、ガラスその物が入っていてそれが塗装面にへばりついてガラスの被膜を形成するのです。
パワーGFコートはガラスその物が幾重にも重なり塗装面に被膜を形成します。
イメージとしてはFRPのように柔軟で硬い被膜が出来るのが特徴です。
もちろん不要になった時は研磨除去することが可能です。

このコーティング剤の最大の特徴は被膜を再生することも出来ると言うことです。

一度出来た被膜に再施工すると分子が結合し新しい被膜として再生されると言うことです、樹脂硬化型と違い被膜を剥離する事無く再施工でき、2度3度と重ね塗りが出来き被膜を育てると言う表現が出来るのがこのコーティング剤の特徴です。

これにより被膜上に出来た傷や曇りで有れば再施工時に消えてしまいます、私の経験上年間3万キロ走行で青空駐車という条件でも、1年毎に再施工する事で新車時の状態を維持することが出来ると感じています。

この事により一度出来た被膜はメンテナンスにより2年でも3年でも維持する事が出来ると言うことです。