×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ウォータースポットのうんちく

ウォータースポットのうんちく

ガラスや塗装面に付いた水滴の跡、石化した水滴の跡
…回りの輪郭が(主に)白い輪ジミ

気温の高い時、ちょっと気を抜くとできてしまうのが輪ジミです。
洗車の後拭かなかったり、日が当たった状態の洗車中に乾いてしまった時にできやすいです、イオンデポジットとも呼びます。

原因

輪郭の白い輪ジミは洗車などで車を濡らし、そのまま乾かしてしまった場合にできるものがほとんどです。
雨水が原因になることはほとんど無いので、雨染みとは少し違います。

水道水や井戸水に含まれる、カルシウム・鉄分などのミネラルやカルキ(水道)など水分が蒸発する時に塗装面やガラス面に付着してしまったものです。
ガラス系のコーティングは表面の特性がガラスや鏡と非常に近いため、ガラスにも付着する石化輪ジミは付いてしまいます。
どんな種類のコーティング剤でも付いてしまうようです。
この状態を放置しておくと、水滴がいつも同じ所にできるクセが付いてしまいます。
そうなると今度は雨水がそこに溜まりやすくなり、酸性雨による塗装の侵食が始まり、やがて塗装が陥没したウォータースポットに進行し、修復不可能な状態に至ることになります。

ならないようにするための対策

炎天下での洗車は避けること、洗車をした時は乾かない内によく拭くことが何よりの対策です。
できたてのものはまだ完全に石化しておらず、単にカルシウムの乾いたものですから、もう1回洗いなおすか、水拭きかで比較的簡単に除去できます。
水道水・井戸水でも地域により水質が違い輪ジミができやすかったり、できにくかったりします。
硬質の水より軟質の水のほうができにくい。
純水を使った洗車などでは拭き取らなくてもシミはできません。
ガソリンスタンドなどでは「イオン洗車」など輪ジミのできにくい装置を取り付けた所もあります。
洗車する水質に気を付けることが一番の対策です。

その他考えられる原因

  • ガソリンスタンドなどでの機械洗車後拭き取らない。
  • 拭くだけで綺麗になるなどの「拭くだけ洗車布」などの使用。
  • シリコン系撥水剤
  • ボディーの熱い状態での洗車

など。

しばらく経ってしまい石化してしまったものは、超微粒子の研磨剤などで軽くこすれば除去できます。
パワーGFコートは表面の特性がガラスや鏡と非常に近いため、ガラスにも付着する石化輪ジミはくっ付いてしまいます。ただし酸性雨に対しては非常に強いため、二次災害の陥没ウォータースポットへの進展は、(絶対とは言いませんが)ほとんど心配無用です。
慌てず騒がずただ落とせばそれで元通りです。
普通に研磨剤入りのクリーナーで落としても良いし、もししばらく我慢できるならばその後何回か洗っているうちに少しずつすり減って消えていきます。ただしその後洗うたびに新たな輪ジミを発生させていたのでは、いつまでたっても無くなりません。

*研磨剤を使用すると膜厚が少し減りますから、パワーGFコートをもう1回薄めに塗って万全を期すことをお勧めします。

*パワーGFコートを施工してある車のウラ技
時間の許す方は次の方法を試してください。
ウォータースポットができたのに気づいた後、まだコンパウンドやクリーナーなどの何らかの手を加えていないのが条件です。
びしょびしょに濡らしたなるべく厚手のタオル(バスタオルやタオルケットなど)を対象面に1~2時間乾かないように掛けておく(時々水を掛けるなどして)。
その後、タオルかスポンジなどの併用で水洗いすると綺麗に除去できます。(一度お試しあれ。)
ガラス系のコーティングを施工してある車でしたらウォータースポット除去剤で除去できます。